【9/29(土)】土曜デビューの注目馬をまとめてチェック!【サトノルークス・サラミス・パルスレートなど】



こちらの記事では、09/29(土)に開催される新馬戦の注目馬たちを簡潔にまとめています。調教評価を含めた"総合評価"はレース前日の更新になります。調教コメントや短評なども随時リライトしていく予定です!



▧ ページ案内 ▧ 


1.阪神5R 芝1800mデビューの注目馬

▧サトノルークス
▧サラミス
▧ゴータイミング
▧アールジオール
▧ブリッツアウェイ
▧ジェンメオ


2.阪神6R ダート1800mデビューの注目馬

▧ノーヴァレンダ


3.中山5R 芝1600mデビューの注目馬

▧サトノルミナス
▧パルスレート
▧ココフィーユ





1.阪神5R 芝1800mデビューの注目馬



●サトノルークス(牝)
想定騎手:C.ルメール





▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ リッスン("英G1"horse)
▧母父▧ Sadler's Wells

▤厩舎▤ 池江泰寿(栗東)
▤馬主▤ サトミホースカンパニー
▤生産▤ ノーザンファーム


サトノルークスの情報・事前評価


◈総合評価◈  B
◈調教評価◈  B+
◈血統評価◈  B+
◈ライン評価◈ S
◈未知魅力度◈ C


池江師「晩成血統なので、じっくりと育てていきたい。」


◎馬体重は480kg前後と馬格十分。
◎池江厩舎×ノーザンファーム生産馬は豊富な実績を誇る。
○母リッスンはイギリスのG1勝ち馬。
○全姉にタッチングスピーチ(15'ローズS)・全兄にムーヴザワールドがいます。
△晩成血統で、POG期間以降に本格化する可能性が高いです。


セレクトセールで3億円近い値で落札されたディープインパクト産駒。1週前追い切りではCW83.3-67.2-53.5-38.6-12.5(一杯)をマークしており、仕上がりは良好でしょう。個人的にはあまり信頼していない血統で、指名は避けておきたいところです。

調教は4週連続でCWでビッシリと追っています。古馬フォイヤーヴェルクには2週連続で楽々先着したりと仕上がりは良好ですよ。





●サラミス(牡)
想定騎手:川田将雅

▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ サロミナ("独G1"horse)
▧母父▧ Lomitas

▤厩舎▤ 池添学(栗東)
▤馬主▤ シルクレーシング
▤生産▤ ノーザンファーム





サラミスの情報・事前評価


◈総合評価◈  A
◈調教評価◈  B+
◈血統評価◈  A
◈ライン評価◈ A
◈未知魅力度◈ C


池添学師「体がしっかりしており、精神もどっしりしている。」


◎馬体重は490kg前後と迫力十分。
◎ディープインパクト産駒×ノーザンファーム生産。
○母サロミナはドイツのオークス馬です。
△後肢に緩さを残す。

母の産駒はサロニカ・サラキアともに2勝を挙げています。サラキアに関しては先日のローズSで連対を果たしたりと重賞でも十分に通用する実力を持っています。サロニカに関しても3歳オープンであるエルフィンSを勝利しクラシックへの出走権利を獲得した素質馬ですから、走ってくる血統であることは間違いありません。

20日のCWでは84.6-68.1-53.8-39.8-11.8(強め)をマークしており、終いの良さが目立ちました。最終追いもかなり重い馬場で4ハロン68秒台であれば、及第点の内容です。初戦から好勝負必至ですね。





●ゴータイミング(牡)
想定騎手:武豊

▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ サラフィナ("仏G1"horse)
▧母父▧ Refuse To Bend

▤厩舎▤ 松永幹夫(栗東)
▤馬主▤ キーファーズ
▤生産▤ 社台ファーム


ゴータイミングの情報・事前評価


◈総合評価◈  B-
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  B+
◈ライン評価◈ B
◈未知魅力度◈ B


○馬体重は440kg~450kgとやや寂しい。
○全兄ジェニアルは、仏G3を含む通算3勝。
○母サラフィナは仏オークスを含め海外G1を3勝しています。

こちらも良血ディープ産駒ですが、馬体重が物足りない点やラインの信頼度の低さなどを考えると指名は控えたい一頭です。ある程度の能力はありそうですが…。





●アールジオール(牡)
想定騎手:松山弘平

▧父名▧ ハーツクライ 
▧母名▧ キングスミール
▧母父▧ Theartrical

▧厩舎▧ 中竹和也(栗東)
▧馬主▧ 前原敏行
▧生産▧ チャンピオンズファーム


アールジオールの情報・事前評価


◈総合評価◈  B
◈調教評価◈  A
◈血統評価◈  B+
◈ライン評価◈ C+
◈未知魅力度◈ B+


◎馬体重は480kg前後と馬格十分。
○兄弟には現役オープン馬が2頭います(ブルミラコロ・ハクサンルドルフ)。
◎兄弟の活躍度はかなり高めです(3勝・0勝・0勝・2勝・4勝・6勝・5勝)。

チャンピオンズファーム生産馬なので、クラシックまではいけるかどうか…というところですが、素質の高い一族出身で馬格のあるハーツクライ産駒というのは魅力十分ですね。

調教では、タニノフランケルやカイザーバルに食らいつく動きを見せるなど素質の高さを感じます。ハーツクライ産駒らしい自在性を持っていそうですよ。





●ブリッツアウェイ(牝)
想定騎手:松若風馬

▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ スウィフトテンパー("米G1"horse)
▧母父▧ Giant's Causeway

▤厩舎▤ 音無秀孝(栗東)
▤馬主▤ 吉田照哉
▤生産▤ 社台ファーム





ブリッツアウェイの情報・事前評価


◈総合評価◈  C+
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  B- 
◈ライン評価◈ B+
◈未知魅力度◈ B+


「乗り味が良く力まない。」


○馬体重は440kgと標準サイズ。
○母スウィフトテンパーは米G1を勝利した実績があります。
○音無厩舎×吉田照哉氏×社台ファームは"ザレマ"重賞を制しているライン。
△ダート寄りな血統で、芝適正の高さには疑問。


Smart Strike産駒の半兄スウィフトレイドはダートで4勝を挙げており、半姉プリエンプトもダートで1勝。初のディープ仔ということで、芝への適正は未知数になりますが、母父がGiant's Causewayなのでスタミナ重視なタイプでしょう。

坂路での調教は伸びが足りず時計も物足りないです。このメンバー内で勝ち負けするには厳しい仕上がりではないでしょうか。





●ジェンメオ(牝)
想定騎手:藤岡佑介

▧父名▧ ディープブリランテ
▧母名▧ レンドフェリーチェ
▧母父▧ Conzzene

▤厩舎▤ 西村真幸(栗東)
▤馬主▤ 社台レースホース
▤生産▤ 社台ファーム


ジェンメオの情報・事前評価


◈総合評価◈  C
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  C+
◈ライン評価◈ C
◈未知魅力度◈ B+


○母レンドフェリーチェは芝で通算5勝の実績があります。
○叔母に秋華賞2着のレインダンス、近親にケイティクレバーがいます。

半姉モルトフェリーチェは、繁殖としてケイティクレバーを輩出した実績があります。母の初仔であるリフトザウイングスも東スポ杯2歳Sで2着に入っていますし、一族の能力はそれなりに高いです。頭の片隅に入れておきたい一頭。



2.阪神6R ダート1800mデビューの注目馬



●ノーヴァレンダ(牡)
想定騎手:川田将雅

▧父名▧ ダイワメジャー
▧母名▧ モンプティクール
▧母父▧ クロフネ

▤厩舎▤ 斉藤崇史(栗東)
▤馬主▤ キャロットファーム
▤生産▤ ノーザンファーム


ノーヴァレンダの情報・事前評価


◈総合評価◈  C+
◈調教評価◈  B
◈血統評価◈  C+
◈ライン評価◈ C+
◈未知魅力度◈ B


△馬体重は540kg~とかなり大型。

ダイワメジャー×クロフネの力強さ溢れるスタミナ配合。母父クロフネからは、ステファノスやアイスフォーリス・リリーノーブルなどクラシック級の産駒も出ています。一見芝にも適性がありそうな血統ですが、馬体や一族の適正を見るとダートが合っているのかもしれませんね。




3.中山5R 芝1600mデビューの注目馬



●サトノルミナス(牝)
想定騎手:J.モレイラ

▧父名▧ ディープインパクト
▧母名▧ カトマンドゥ
▧母父▧ Country Reel

▤厩舎▤ 国枝栄(美浦)
▤馬主▤ サトミホースカンパニー
▤生産▤ ノーザンファーム





サトノルミナスの情報・事前評価


◈総合評価◈  B+
◈調教評価◈  A
◈血統評価◈  B
◈ライン評価◈ A+
◈未知魅力度◈ S


情報は少ないですが、国枝厩舎×里見氏×ノーザンファーム生産という絶好のライン。母父のCountry Reelは馴染みが薄いですが、イギリスのG2ホースになります。兄のランプルールはダートで2勝、姉のパシュパティナートは勝ち上がりに苦労しています。兄弟2頭に比べてルミナスは、父がディープインパクトに変わった点や厩舎ラインが強化されたことがプラスとなるでしょう。

調教は坂路主体のメニュー。時計の出ない馬場で4ハロン52秒台はかなり優秀です。母系などには未知な魅力もあり面白そうな一頭ですよ。





●パルスレート(牝)
想定騎手:大野拓弥

▧父名▧ ジャスタウェイ
▧母名▧ スルーレート
▧母父▧ フレンチデピュティ

▤厩舎▤ 久保田貴(美浦)
▤馬主▤ キャロットファーム
▤生産▤ ノーザンファーム


パルスレートの情報・事前評価


◈総合評価◈  B+
◈調教評価◈  B+
◈血統評価◈  B+
◈ライン評価◈ A-
◈未知魅力度◈ A


「余裕残しの仕上げ。」

◎馬体重は460kg前後とベスト。
○母スルーレートは05'フラワーCで2着の実績があります。
◎久保田厩舎×キャロットファーム×ノーザンファームは"マリアライト"と同じライン。

スルーオールの母系は、芝・ダート問わず走ってくる馬を輩出するイメージで、ブルミラコロやハクサンルドルフなど重賞級もいます。近親の傾向から不良馬場には特に強い血統であることがわかります。陣営からは芝が合いそうというコメントが出ていますから、芝での活躍に期待したいですね。

調教時計は水準級ですが、フォームが綺麗で完成度の高さが伺えます。中山という舞台も合うのではないでしょうか。





●ココフィーユ(牝)

▧父名▧ ロードカナロア
▧母名▧ ブルーミングスノー
▧母父▧ サンデーサイレンス

▤厩舎▤ 斎藤誠(美浦)
▤馬主▤ Shadow
▤生産▤ 社台ファーム


ココフィーユの情報・事前評価


◈総合評価◈  B-
◈調教評価◈  C
◈血統評価◈  A
◈ライン評価◈ B
◈未知魅力度◈ A


△馬体重は420kg~430kgとやや小柄。
◎父ロードカナロア×母父サンデーサイレンスはアーモンドアイを輩出した配合。

配合的にかなり楽しみなカナロア産駒。同配合のルガールカルムもキレ味鋭い末脚で新馬勝ちをしていましたからね~。兄弟の3頭の成績は今一つですが、リーディング上位種牡馬が父となり一変もありそうです。









以上が09/29(土)の注目馬でした。
気になる馬は見つかりましたか?


それでは、最後まで記事をご覧くださりありがとうございました。

関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年