ルーラーシップ産駒(牡馬) 最新注目馬!!【POG2018-2019】

-
馬の上にも三年



<1.ルーラーシップ産駒の特徴!>

種牡馬としてデビューしてから3年目を迎えるルーラーシップ。
1年目の産駒からは、昨年の菊花賞を制覇したキセキや、皐月賞3着のダンビュライトが登場。
2年目は、リリーノーブルやテトラドラクマらが牝馬のクラシック戦線を盛り上げている。

基本的には、芝の2000m以上の長距離が合っているイメージで、クラシック適正は◎。
母父サンデーサイレンスの配合は、長距離条件を得意とする馬が特に多い傾向がある。
豊富なパワーとスタミナを持ち、ダートや道悪も得意とする産駒が多い。

今後クラシックを制覇するような大物が誕生する可能性も十分にある種牡馬です。

…今回はルーラーシップ産駒の牡馬から要注目の5頭を紹介します!!





<2.POG2018-2019主な活躍馬(ルーラーシップ産駒の牡馬)>

●サンリヴァル
弥生賞4着から皐月賞への挑戦となったが、馬場状態や展開の助けもあり2着へ。
荒れた馬場状態であれば、ダービーでも粘り強い走りを見せてくれるだろう。






<3.ルーラーシップ産駒の注目馬!>

●ウラノメトリア
父:ルーラーシップ 母:ミクロコスモス
厩舎:矢作芳人(栗東) 馬主:サンデーレーシング 生産者:ノーザンファーム

私的注目度:70  みんなの注目度:80  活躍信頼度:80
優良血統度:80   未知魅力度:60

*MEMO*
最初に紹介するのは、ルーラーシップ産駒で注目度ナンバーワンのウラノメトリアです

母は2008年の阪神JFで連対など通算4勝を挙げたミクロコスモス。
初仔のアンティノウスは、先日ダート1000万条件を勝ち上がりましたね。
2番仔のコズミックフォースも今月プリンシパルSを勝利し、ダービーへの出走権を獲得しています。
今のところハズレのない血統ですので、当馬にかかる期待も大きいです。
500kg近い馬体も迫力満点です。クラシック路線での活躍を見据えた指名に適している一頭ですね






●カイザースクルーン
父:ルーラーシップ 母:アイスフォーリス
厩舎:相沢郁(美浦) 馬主:サンデーレーシング 生産者:社台コーポレーション白老ファーム

私的注目度:80  みんなの注目度:75  活躍信頼度:60
優良血統度:80   未知魅力度:80

*MEMO*
相沢厩舎×サンデーレーシングは母と同様のラインですね。
当馬は、2012年にオークス3着の実績を持つアイスフォーリスの初仔となります。
当時のオークスの1着馬は怪物ジェンティルドンナですから、その3着というのは十分健闘していますよね
そんな母に似た葦毛の美しい馬体は走る雰囲気がひしひしと伝わってきます。
夏のデビューを目途に調整進めているようなので、即戦力として指名したい一頭ですo(^▽^)o






●ヒシゲッコウ
父:ルーラーシップ 母:ラルケット
厩舎:堀宣行(美浦) 馬主:阿部雅英 生産者:ノーザンファーム

私的注目度:60  みんなの注目度:70  活躍信頼度:40
優良血統度:70   未知魅力度:70

*MEMO*
「ヒシ」という冠名を付けられる阿部雅英氏と堀厩舎というコンビのルーラーシップ産駒です。

父ルーラー×母父ファルブラヴは、今シーズンのクイーンCを制覇したテトラドラクマと同配合となります
通算4勝を挙げたラルケットの4番仔で、半兄はクラシック最前線で活躍中のステルヴィオ。
ロードカナロア産駒のステルヴィオは、皐月賞4着でしたが距離適性はマイル寄りでしょうか。
当馬は父がルーラーシップに変わり長距離適正もアップしていることが期待できます。
秋までに始動できれば、指名してみるのも面白い一頭かもしれませんよ~。




●ザメイダン
父:ルーラーシップ 母:リープオブフェイス
厩舎:新開幸一(美浦) 馬主:大塚亮一 生産者:追分ファーム

私的注目度:100  みんなの注目度:10  活躍信頼度:10
優良血統度:50   未知魅力度:100

*MEMO*
先日に私の指名馬紹介を行った記事でも名前を出した一頭です。
こちらかなりの大穴ですので、日刊競馬POGさんでは指名者が2名となっております( ‘o’)
とはいえ、母父クロフネのルーラー産駒は、リリーノーブルやロサグラウカを輩出しており、今後要注目の配合。
生産も勢いのある追分ファームとロマンのある要素が盛りだくさんですよ
厩舎はまだクラシック戦線では実績がない新開厩舎ですが、それも逆に面白い点であると思っています。





●フィリアーノ
父:ルーラーシップ 母:パシフィックギャル
厩舎:手塚貴久(美浦) 馬主:吉田勝巳 生産者:ノーザンファーム

私的注目度:80  みんなの注目度:65  活躍信頼度:60
優良血統度:70   未知魅力度:60

*MEMO*
最後に手塚厩舎から即戦力のルーラーシップ産駒を紹介します

母パシフィックギャルは通算1勝ですが、重賞での2着経験が2度あります。
オークスにも出走していましたが、怪我により3歳という早い時期に繁殖入りしました
叔父にはこれから期待の3歳馬サトノソルタスがいるアイランドファッションの牝系ですね。
順調にトレーニングを消化しており、夏くらいのデビューが期待されます。





以上がルーラーシップ産駒(牡馬)の紹介でした!!
ザメイダンは本当に未知数ですが、名前にも大物感がありますし楽しみです。
種牡馬デビューから2年ともに重賞級が誕生しているので来シーズンも期待しています

それでは、最後まで見てくださりありがとうございました

関連記事
馬の上にも三年
Posted by馬の上にも三年